乳がんのこと

乳がん 長女の手術の日のこと。

にこらん

2018年12月のメモ。今日は長女の子宮筋腫の手術日。

主人と次女と3人で病院へ🏥

長女は生理痛で病院に行って

筋腫が見つかったようです😨

100gもある 取った筋腫を見せてもらったけれど まるで焼肉のホルモンでした😅

凄いものを見てしまった。

私のおっぱいにあったがんは、どんなものだったんだろう❓

何故 見せてくれなかったのだろう?

見てみたかった気がする(´⊙ω⊙`)

やっぱり 病室は独特の雰囲気があって🤭

落ち着かないです。

娘の手術は約3時間かかりました。

長い時間 よく頑張りました。娘も頑張りましたが

やっぱりお医者さんって凄いです!

ありがとうございました🙏

1年前の自分の手術のことを思い出すと

命に関わらない手術は

なんとなく平和な世界の気がした。

私はあの日 がんさえ取り除けばそれで終わりだと思っていたなぁ。

まるで子宮筋腫の手術のように。

なのに違った。

放射線治療

ホルモン剤

後々の検査

ずっとずっと 10年も続く 再発予防の日々が待っていた。

がんと名前が付くだけで 病院の雰囲気がまるで違う。

気のせいだろうか?

もう 病院と🏥出来れば関わりたくないな❣️

そして私は

手術後1年の検査を待たずに自ら国立がんセンターから離れた。

今から思っても後悔のない結論だったと思う。

今は年に1回の普通の内科での健康診断だけ受けています。

検査結果は別に何も異状の無い数字が出ます。

特別な検査はしてませんがわたしはそれで満足です。

再発があるのかも知れないし、無いのかもしれない。

それでもわたしは自分の決心は崩れません!

もしかしたらある日突然何かがあって病院へ行く事になり、そこで悪い結果を見る事になっても、わたしは決して後悔はないでしょう!

自分で決めた道ですから、自分の自己責任です。

誰を責める気もなければ、自分を責める気も100%無いですね。

いつもはおっとりした天然ボケのわたしですが、ここどというときは少しだけ強くなります。

自分でも不思議なくらい切羽詰まった時は、頑固で強い意志が現れます。

子供たちにとって何か悪い場面に突き当たった時は、何ふり構わず対抗出来ます。その自信もありました。

今までにそんな場面も何度か出会いましたから。

「ママはいざとなったら強いから」ってよく言ってた気がします。

話がそれましたが、

現在は乳がんの手術から3年が経ちました。

疲れやすいとか季節病だとかありますが、マイペースで暮らしていくのには何の支障もなく、孫の事も見てあげれる状態ですから感謝しかありません!

このまま長く続く事を願って、

のんびり自己中で、我儘でマイペースな暮らしをしていこうと思っています♪

(ストレスからは出来るだけ逃げる暮らしをしています)

ABOUT ME
にこらん
初めまして、にこらんです。 2021年2月3日、ブログを立ち上げる事が出来ました。 慣れない手探りの作業になりますが、コツコツ頑張りたいと思います。 どうぞよろしくお願いします♪
にこらんBlog

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんサバイバーへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。