ひとりごと

今年の夏に買って良かったもの。それは除湿機です。

にこらん

なかなかの働きものです♪

今年の夏は猛暑に加えて異例の長雨で洗濯物に悩まされました。

引っ越した家には、お風呂場の乾燥機が付いてなくて嫌でも部屋干しになりました。

となると湿気が凄い。

油断すると湿度計の危険マークのニコちゃんが泣いているのです( ;  ; )

せっかく洗ったタオルから

部屋干し特有の嫌な匂いで

つけ置きの洗い直しを幾度もしました。

洗濯物の悩みだけではなく

湿度があまりにも高過ぎると

身体の調子が良くない気がするのです。

低気圧が続くためいつものことなんだけど身体がつらい。

怠さ不眠の症状がいつもより増して感じる気がします。

とにかく洗濯物をリビングや和室ではなく、洗面所で乾かせたらと思い

初めて除湿機に興味を持ちました。

除湿機には目的、用途で選べる3種類の内部構造が異なるものがあります。

① まず夏場に効果を発揮するのが

コンプレッサー式除湿機です。

空気を冷却し結露を強制的に発生させて除湿するというもの。

冬に適していない理由は

室温が低く乾燥している時期は結露の発生が非常に少ないので、除湿効果が発揮しにくいという欠点があります。

コンプレッサー式除湿機は

騒音が大きかったり重量も重い10キロから15キロのものが多いので注意が必要です。

② 冬の寒い時期には

デシカント式除湿機です。

電気エネルギーによってヒーターを加熱して運転する。

夏に適していない理由は

室温が上昇し過ぎるので温度環境が悪くなるためです。

デシカント式除湿機は

冬場の窓の結露対策などの目的に選定する場合もあります。

コンプレッサー式除湿機よりも騒音が小さく、重量は5キロから10キロ程度の為軽いという特徴があります。

③ 最後に

ハイブリッド式があります。

ハイブリッド式除湿機は

コンプレッサー式とデシカント式の両方の特徴を持っている多機能除湿機です。

夏場はコンプレッサー式の運転によって比較的電気代が抑えられます。

冬場はデシカント式の運転に変わるので電気ヒーターが運転され、消費電力が高くなります。

わたしは迷いに迷って決めたのが

夏に決めたと言うこともあって

コンプレッサー式にしました。

まだ冬に試していないのでなんとも言えませんが、今のところ最高に気に入っています。

三菱電機 コンプレッサー式衣類乾燥除湿機 ハイパワータイプ サラリ

まず驚かされたのは

部屋の除湿です。

約4.7L大容量タンクにすぐに水が溜まるのです。

除湿機を使用するのが初めてのわたしにとっては目から鱗でした。

今までは湿気取り水とりぞうさんと言うプラスチックの容器を、押し入れなどに入れて置いて水が溜まるとすごいと思ってたのですが

除湿機では1日に4.7Lタンクがほとんど満タンになりそうなのです!

(各部屋移動させて使用)

タンクの水を捨てる時、とても気持ちがいいです。

こんなにどこに水が??

凄く感動しました。

洗濯物も脱衣所に干して衣類乾燥をします。カラッと気持ち良く乾いてくれました。

なかなかの働き者です!

ABOUT ME
にこらん
初めまして、にこらんです。 2021年2月3日、ブログを立ち上げる事が出来ました。 慣れない手探りの作業になりますが、コツコツ頑張りたいと思います。 どうぞよろしくお願いします♪
にこらんBlog

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんサバイバーへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です