ポエム

幼き頃の思い出ポエム

こんにちは にこらんです。

わたしが小学5年生の時、隣町の一軒家に引っ越し

ここでの想い出をポエムにしました。

隣町に引っ越し 嬉しいな

でも転校は少し不安

兄は抵抗したが受け入れられず。

新しい環境、新しい友達、おとなしいわたし。

人の目を気にすることを覚えた年。

屋根裏の蛇の動く音

屋根裏のネズミの運動会

手の平くらいある大きな蜘蛛

玄関のヤモリ

みんな一緒に暮らしてた。

庭の松の木

父の盆栽

母のガーデニング

縁側のひとり遊び。

犬 猫

大型犬きっと番犬なんだね

猫たちは台所の小さな窓から出入りする。

夜にはわたしの布団の中に潜り込みスヤスヤ

ほんと自然に動物たちといつも一緒だった。

大晦日の大掃除

畳を干してパンパン叩く

楽しいなぁ

明日はお正月。

台所の大掃除しながらのお節作りの母

いい匂い つまみ食いして叱られる。

お正月

こたつをふたつ並べて

お節を囲む

少しの赤ワイン 兄の赤い顔が青くなる。

こたつ

母と向かい合わせで編み物をする

今が一番しあわせかもね 母がつぶやく

やっと母の気持ちが分かったよ。

給料日

お金並べて袋分け

お金いっぱいやぁと目をまん丸に

行くとこ決まってるよ

お金は空から降って来ないのと母。

お茶漬け食べててもステーキ食べた気持ち

お金は 食費で節約ね

交際費はケチるなと教えられる。

電車で温泉旅行

父と腕組み

仲良し親子。

反抗期

親辞めたいわ 父嘆く。

就職決まり

帰りが遅くなると

愛犬の散歩のふりしてウロウロする

父の心配性。

とても懐かしいその時の風景や香りがします。

わたしは小学生の時から詩を書くのがとても好きでした。

上手 下手に関係なく気持ちを短く素直に書くのが心地良かったと思います。

久しぶりに詩を書いているとやっぱり素直な気持ちになって心地良かったです。

また たびたび詩を書いて行きたいと思いました。

下手の横好きです!

ABOUT ME
にこらん
初めまして、にこらんです。 2021年2月3日、ブログを立ち上げる事が出来ました。 慣れない手探りの作業になりますが、コツコツ頑張りたいと思います。 どうぞよろしくお願いします♪
にこらんBlog

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんサバイバーへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です