ひとりごと

毎日働き続けてくれている洗濯機のお話。

にこらん

電化製品の説明書を読まないから損をしているかも。

こんにちは にこらんです。

我が家の洗濯機のお話です。

最近洗濯機の調子が悪いです。

設定してる水量が時々違う気がする、どう考えても少な過ぎるだろう?というほど少なかったり

溢れんばかりに水量が多くなっていたりで、でもじっと監視してる時間はないし、脱水まで終わっていたら良しとしていた。

けれど昨日は脱水点滅がしているところで

まだ水がどんどん入っていて

とうとう壊れたのか?と焦っていたら今日は普通に動いてきちんと洗い終わり、洗濯機の任務は果たしてくれていたので一安心。

でもいつ壊れてもおかしくは無いので色々なメーカーの洗濯機の特徴なんかを調べてみました。

今うちにある洗濯機は『SHARP 2015年』まだ6年なので壊れるには少し早い気がしますが

ここの家に落ち着くまでの間、2回の引っ越しを経験している洗濯機なので壊れやすいのかな?って思って諦めています。

次に我が家に受け入れる洗濯機は、何処のメーカーのにしようかと思って、色々模索中です。

これだと決まるまでは、壊れないで欲しいと願います。

今から思えばわたしが、こんなに家電を一生懸命に調べたことは初めてです。

今までは、テレビでお買い得なのを見て何も考えずにジャパネットで決めていました。

量販店に行く時間も惜しい日々だったというのもあるし、洗濯機とか何処のもたいして変わらないと思っていたし、洗えれば良き良きくらいに考えていました。

そんななので説明書なんて読んでいなかったし、今回初めてじっくりうちの洗濯機をマジマジとみました。

SHARP』は特許で洗濯槽に穴がないことが評判だったり

機能に風乾燥というものがついていることに気づきました。

なので今まで風乾燥は使用したことがありませんでした。

どんなに勿体ないことをしていたのだと反省して使用してみたら、時間はかかりましたが生乾きで乾燥しました。

でもやはり、わたしには必要無いと思えたので、少しほっとしました。

自分が使うものしか目に入って無かったのです。

ある意味恐ろしい〜

見たいものしか見ていないのですよね。

毎日見てるはずの洗濯機ですらこれなら、「日常生きていても狭〜い自分だけの世界しか見ていないんだなぁ」と思い知らされました。

今回調べたメーカー別の特徴を書いてみたいと思います。

SHARP

他のメーカーよりリーズナブルな価格だそうです。

なのでジャパネットでも扱いやすかったのだと知りました。

穴のない洗濯槽で他のメーカーのよりもカビや汚れがつきにくいそうです。

TOSHIBA

音がとにかく静かです。

ナノサイズの泡、ウルトラファインバブル洗浄。

Panasonic

操作性が良い。

蓋が透明で、洗っているのが見える。

泡洗浄。

お値段がお高い。

日立

洗浄力がとても良い。

ビートウォッシュ

簡単に比較するとしたら

価格優先  SHARP

音が静か  TOSHIBA

操作性   Panasonic

洗浄力   日立

さて今回は何処のメーカーさんに決まるのかな?

今だに迷って迷って決められていません。

ABOUT ME
にこらん
初めまして、にこらんです。 2021年2月3日、ブログを立ち上げる事が出来ました。 慣れない手探りの作業になりますが、コツコツ頑張りたいと思います。 どうぞよろしくお願いします♪
にこらんBlog

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんサバイバーへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です