エンターテイメント

映画館で見る久しぶりの作品。

概要

【監督】
永井聡

【キャスト】
菅田将暉、Fukase、高畑充希、中村獅童、小栗旬他

【作品情報】

浦沢直樹作品を数多く共同制作してきた長崎尚志が、

10年の歳月をかけて構想を練って生み出した完全オリジナルのダーク・エンターテインメント・ストーリー。

もしも売れない漫画家が、殺人犯の顔を見てしまい、

その顔を「キャラクター化」して漫画を描いて売れてしまったら?

そんなアイデアをもとに、幾重にも”キャラクター”が交錯する物語が紡がれます。

監督を務めるのは、『世界から猫が消えたなら』『帝一の國』など、

作品ごとに新しい映像世界を生み出してきた永井聡。

偶然殺人事件現場で犯人を目撃してしまう主人公の漫画家・山城圭吾を演じるのは、

第41回日本アカデミー賞最優秀男優賞をはじめ数々の映画賞を受賞してきたトップ俳優・菅田将暉。

殺人犯との出会いから運命に翻弄される山城を繊細に演じます。

天才的な殺人鬼の両角を演じるのは、人気アーティスト「SEKAI NO OWARI」のボーカル・Fukase。

俳優デビューとなる本作で、独特の存在感と美しさで観る者を魅了します。

共演にも超豪華キャストが集結。

山城の漫画と事件の関連にいち早く気づく刑事・清田を小栗旬。

清田の上司・真壁を中村獅童、山城を支える恋人・夏美を高畑充希が演じます。

予告編

公式ホームページより

感想

セカオワのファンでFukase見たさに行ったのですが、ホントよくできたサイコサスペンスでした。

ストーリーも面白かった‼

目を背けたくなる惨殺現場も、思ったより良かった。

ほんとにゾクッとしました。

Fukaseの演じた殺人鬼、ほんとに居そうで怖かった。

あの感じ結構ハマってました。

わが子の発表会を見る気持ちで見てたんですが、思った以上にいい演技(笑)

ヤバイ役をやらせたら上手いな〜って思います。

Fukaseの世界観が、両角(役名)の、あのアパートに全面に出ていて、部屋の内観がまさにセカオワワールド。

後でテロップで分かったのですが、部屋の壁画はFukaseが描いたみたいですね。

納得します。

最高の演技とストーリーの要になったのはだったのは小栗旬さん。

さすがに、いい味出してると思いました。

菅田将暉さんもあの常軌を逸して漫画を描いてる姿が、素晴らしかった!

中村獅童さんも流石でした。

私としては、Fukase演じる両角がどういった幼少期があって殺人鬼になってしまったかがとっても気になりました。

けどサスペンスものとして、とっても楽しめる良い作品だと思います。

この映画、お薦めです。

ABOUT ME
にこらん
初めまして、にこらんです。 2021年2月3日、ブログを立ち上げる事が出来ました。 慣れない手探りの作業になりますが、コツコツ頑張りたいと思います。 どうぞよろしくお願いします♪
にこらんBlog

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんサバイバーへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。